一般的なのぼり旗の多くは扱いやすく安価な
ポリエステル素材でできていますが、
よく見てみると生地の端は切りっぱなしで
縫製されていません。

比較しながら

これは化繊が熱で溶ける性質を利用し、
裁断と同時に繊維を熱で融着させて
布端の処理を行っているからです。

コスパが良い

これはヒートカットと呼ばれている周囲縫製の
仕方で、縫製の過程と納品までの時間を
短縮できる上、コストを低減できることから
人気があります。

よいこと尽くめのようなヒートカット加工ですが、
当然ながら熱に強い綿などの天然素材で
出来たのぼり旗にこの方法は使用できません。

また風雨に長期間さらされるような環境において
充分な強度があるとは言えません。
しかしヒートカット仕様ののぼり旗は薄くて
しなやか、風の中で軽やかにはためき
見栄えが良いという特徴があります。

一般的な使用で寿命期間内であれば
十分美しさを保つことができますし、
ほつれることもありません。

短期間、または大量に使用する場合に
最適な仕立て方法と言えます。