カテゴリー: 目立たせるために

色と補色の関係について

色同士の関係に補色というものがありますが、それは互いの色を
引き立て合う相乗効果を持った組み合わせのことです。

例えば赤と青緑や黄と青紫という具合に、カラーサークルで
正反対に位置しているパターンです。

カラーコーディネイトを考える

カラーコーディネイトを考える時に、
派手すぎる場合は色同士の差があり
過ぎて刺激が強いためにストレスが
溜まることもあります。

また同じ明度の補色同士を組み合わせ
た場合には、ハレーションを引き起こ
して目が疲れてしまうこともあります。

この原理を知ることでカラーコーディネイトは合理的なものとなります。

補色でのカラーコーディネイトは印象的に見せることができるので、
うまく明度の差を利用したり、小範囲であればより効果的に使うことが
できたりします。ポスターなんかでは強調したい部分に使うと効果的です。

病院で外科手術を行う時に内装や手術着を薄い緑にしているのは、
血液の赤が緑の残像を残してしまうため、それを打ち消す効果がある
からです。

赤を見続けた後に、白いところを見ると、赤の残像に補色の緑が見えます。
これって見ていて気持ちが悪いので、壁を緑にすることにより
残像が見えてもわからないようにしているのです。

黒などのモノトーン色の使い方について

モノトーンは静かで落ち着いた印象を与えます。

モノトーンで統一すると、冬の寒さや寂しさ、もの悲しさ等の
印象を与えることもありますが、シックで安定した落ち着きの
ある印象でもあります。

中でも品質の高いものには黒い色がよく使われています。
黒は、物に高級感を感じさせる色でもあります。

男性はあまり抵抗を持たずに持つことができ、人気も高いようです。
また、光を吸収する性質のため日傘の内側の色に選ぶと紫外線の
反射が抑えられ日焼け防止効果が期待できます。

しかし、虫が反応して寄ってきてしまう事もあるので
山遊びなどでは控えたほうが賢明です。

また、光が集中することで熱も持ちやすくなるのでレンズ質の物は
近くに置かないように注意が必要です。

モノトーンは落ち着いた印象

黒は洋服なんかでもなじみの深い色です。
誰もがワードローブの中に数着は持っている
色ではないでしょうか?
この黒の色にも違いがあります。

ブラックフォーマルを買いに行った経験はありますか?
全て黒は黒なのですが、特に高価なものの方が漆黒で、
より黒い方が上質とされています。

 

呼び込み効果のあるのぼり旗

のぼり旗を作って店の外や駐車場などに設置しておくと、
外を歩く人や車を運転する人など、不特定多数の人に
店の存在をアピールする事が出来るため、わざわざ街頭に
人が立って呼び込みをしなくても宣伝する事が出来ます。

特にイベント時やセール時などにのぼり旗を設置すると、
外観が華やかになりお祭り気分を演出する事も出来るため、
より大勢のお客を獲得することにつながるのです。

呼び込み効果

近頃は店員が呼び込みをするとセールストークを
受けそうで嫌、と感じる人も多いため、人目を引く
キャッチコピーなどを書いたのぼり旗を外に設置して
おいたほうが、より効果的な呼び込みになるという
ケースもあるのです。

コントラストが効いたカラーを選び、強調したい言葉や
写真などを随所に盛り込むことによって人々の購買意欲を
掻き立てて、売上げアップに役立てることが可能となります。

のぼり旗は既製品をそのまま使用したり、自社独自の
ロゴやキャッチコピーを入れてオーダーすることも可能なので、
予算や用途に合ったものを用意すると良いでしょう。

目立つ

目立つのぼり旗ほど効果は高い

インクジェット

目立つのぼり旗ほど宣伝効果が高いので、そのデザインを
いかに工夫するかがポイントになります。

インクジェットプリントでの印刷であれば、色鮮やかな
カラー写真をプリントできるので、かなり目立つのぼり旗を
作ることができます。

屋外で立てておくのぼり旗は、設置場所も自由に
決めることができますし、高さもあるので遠くからでも
目につきます。

そのような存在感が高い宣伝効果を生み出すことになります。

特に飲食店のように、お昼時や夜など多くの通行人の
目に留まるようなデザインにすることで、
食事をする場所を探している人に
アピールすることができます。

屋外で

それが美味しそうな料理の写真であれば、
なおさら宣伝効果を高めることになるわけです。

また、のぼり旗の制作はネット印刷などを利用することで
手軽に、かつ安価に行うことが可能です。

インクジェットによるプリントは太陽の紫外線を
受けることで、徐々に色あせていきます。

そのために定期的に交換する必要があります。
飲食店ならば季節ごとにお勧めの料理を変えることで、
常に宣伝効果を高く維持することが可能となります。

あるいはキャンペーンなどを展開するお店などで
活用することによって、そのアピールをすることができます。

宣伝効果が高いことに加えて、制作料金も安めなので
費用対効果が高くなります。

通りから奥まっているような、あまり人が入り込まないような
場所であっても、通り沿いにのぼり旗を立てておくことで
集客することができます。

注意を促すのぼりは端的に危険を表現

注意を促す

住宅地や通学路での交通安全の注意を促す目的や、
工場内などで事故を防ぐために安全標語を掲げると
いったことは、危険を端的に表すことができるものとして、
非常に効果の高いものです。

そうした掲示の方法には様々な手段がありますが、
のぼり旗は設置のしやすさや、コストパフォーマンスの
良さなどから、利便性の高いものとなっています。

のぼり旗に使用する旗は、色やデザインを自由に
レイアウトすることができますし、大きく文字を
入れることで、すぐに目につく、高い視認性を
持たせることも可能です。

コストパフォーマンスが良い

ベースを使用してのぼり旗を自立させることが
できるので、使用する場所も自由に選ぶことが
できますし、ガードレールや柵などに一定の間隔で
連続的に設置することも可能なので、より注意を
喚起することができる表現方法としても
効果の高いものとなっています。

のぼり旗は、旗を取り外して保管することができるため、
保管のスペースも少なく済み、また後日使いまわすことが
できるため、効果対費用の面でも優れています。