カテゴリー: のぼり旗の効果とは

のぼり旗通販でしか購入できないサイズはある?

のぼり旗のサイズは基本的には決まっています。
のぼり旗は基本的には同じ大きさで統一するのが
見た目に非常に美しく、もっと宣伝効果も高いものです。

そのため、一般的にはどの店でもその大きさを統一しており、通販においても
特殊な大きさを作ることはあまりありません。

一般的なのぼりのサイズ

但しお店によっては、その広さや立てる場所の制約により
一般的なサイズのものが設置できない場合も少なくありません。

この場合にはお店の大きさに合わせたオリジナルのサイズで
設置しなければならないことになりますが、このようなのぼり旗は
なかなか通常の場合には購入することは難しいものです。

のぼり旗通販ではいろいろな大きさののぼり旗を取り扱っているところがたくさんあります。

これらを取り扱える理由は基本的に注文を受けてから機器の大きさを決めて
印刷をすることができるからです。

一般的に普通の店ではあらかじめ用意してある大きさの布を使って印刷することが多いのです。
その理由は注文を受けてから生地を裁断すると時間がかかり過ぎてしまい顧客のニーズに
こたえられないため、あらかじめ標準的な大きさの記事を用意しておくからです。

のぼり旗の通販のメリットはこれだけではありません。
原稿をデータで入力する事が多いため、担当者と会って打ち合わせをする回数が減り、
依頼してから出来上がるまでの時間を大幅に短縮できることも大きなメリットです。

のぼり旗の通販におけるメリットは短時間で一般には販売されていない大きさの
のぼり旗を手軽に作れるところにあります。

規制がかなり厳しい!選挙活動におけるのぼり旗・看板と公職選挙法について

国会議員や地方議員などの選挙運動には、のぼり旗や看板が使われています。

看板は選挙事務所に掲示したり、公職選挙法第141条で認められている選挙カーに使われたりしています。のぼり旗は、候補者が街頭演説をする際に「ここでやってますよ」という目印のために使われます。

有権者に注目され、みんなが集まって来る目印となるのです。しかし、選挙運動期間は10日~14日間といったところが相場で、そんな短い期間で世間の認知を得ようなんて新人候補なら到底無理な話です。日頃から選挙運動」ではなくて、「政治活動」として継続的に活動していることが当選への近道なのです。

政治家にとってののぼり

選挙期間中の文書図画の掲示は公職選挙法で厳しく規制されていますが、政治活動であれば法に抵触するおそれは低くなります。なぜなら、政治活動は基本的に自由だからです。

ところが、みんな選挙運動期間以外の平和な期間に何もしない候補者が多いのは、時間の浪費でもったいないことです。

志を持って闘う姿は、遠く昔の戦国武将と重なるものがあり、戦国武将にとってのぼり旗は大切ないくさ道具でした。
政治の世界を目指す全国の候補者たちにとっても重要な戦道具であるはずです。

たくさんの有権者から自分を知ってもらうには、奇抜なデザインののぼり旗などで目立つことが、第一の方法となります。
国会議員候補も地方議員候補も、選挙運動期間中だけではなく、日頃からコツコツとアイテムを使いながら、地道な「政治活動」を進めて行くことが大切です。

地震などが起こった時にのぼり旗を

日本は地震が多いと言われている国です。近年では、大きな地震だけではなく大きな台風が上陸したり、水害によって家が流されてしまうなど自然災害がとても多くなっています。このような時、一刻も早く一人でも多くの人が避難しなくてはなりません。

これまで多くの住民に声かけをするために、それぞれの地域の消防団員の人などが避難誘導することが多かったです。まだまだ今後もこのようなことが多くみられるかもしれません。確かに、人が目で見てどこに住民がいるのかを確認しながら、多くの人の命を救うのは良いことと言えます。

ただし、残念ながら消防団員などが住民を救う最中に命を落とすこともあります。そう考えるとこう言う時こそのぼり旗を活用すると良いのではないでしょうか。人の手を借りないといけない高齢者など以外は、のぼり旗の案内に従って行動してもらうと良いです。

のぼりで誘導

人の手を借りなくて済むことで、その分他のことができるようになれば自然災害で大きな被害を受けたとしても、早く対応できるようになるかもしれません。一人でも多くのスタッフが必要な時も、のぼり旗をうまく使いこなすことで、効率よくスタッフを配置できるようになるでしょう。

避難する人のために使ってみよう

自然災害が起こった際に、どこへ避難すれば良いのかわからない人は多いでしょう。自分が住んでいる地域に必ずあるはずですが、きっとどこかにあるだろう、大地震などが起こらなければ避難しなくて済むと思って日頃から何も確認していない人も多いかもしれません。

近年では、大型の台風が上陸することも増えましたし、ゲリラ豪雨が同じところに居座って大規模な水害が起こることもあります。こう言う時に、のぼり旗を使って避難場所を示すと良いです。そうすれば、スタッフを使わなくて済むのでより多くの人の命を守ることができます。

のぼりを目印に

意外と人は日頃から地震や台風などの対策を講じていないのかもしれません。しかし、地域に住んでいる人たちの命を守らなくてはなりませんから、こう言う時にのぼり旗を活用してみてください。実際に使ってみると、大きな力を発揮していると感じるはずです。

とても目立ちますので、いざと言う時にとても助かります。すぐにどこに避難場所があるのかがわかるはずです。一人でも多くの住民に伝えることができますので、まだ使っていないのであれば早速注文すると良いです。ネットで手軽に注文できますので避難場所を示すのぼり旗を作りましょう。

呼び込み効果のあるのぼり旗

のぼり旗を作って店の外や駐車場などに設置しておくと、
外を歩く人や車を運転する人など、不特定多数の人に
店の存在をアピールする事が出来るため、わざわざ街頭に
人が立って呼び込みをしなくても宣伝する事が出来ます。

特にイベント時やセール時などにのぼり旗を設置すると、
外観が華やかになりお祭り気分を演出する事も出来るため、
より大勢のお客を獲得することにつながるのです。

呼び込み効果

近頃は店員が呼び込みをするとセールストークを
受けそうで嫌、と感じる人も多いため、人目を引く
キャッチコピーなどを書いたのぼり旗を外に設置して
おいたほうが、より効果的な呼び込みになるという
ケースもあるのです。

コントラストが効いたカラーを選び、強調したい言葉や
写真などを随所に盛り込むことによって人々の購買意欲を
掻き立てて、売上げアップに役立てることが可能となります。

のぼり旗は既製品をそのまま使用したり、自社独自の
ロゴやキャッチコピーを入れてオーダーすることも可能なので、
予算や用途に合ったものを用意すると良いでしょう。

目立つ

目立つのぼり旗ほど効果は高い

インクジェット

目立つのぼり旗ほど宣伝効果が高いので、そのデザインを
いかに工夫するかがポイントになります。

インクジェットプリントでの印刷であれば、色鮮やかな
カラー写真をプリントできるので、かなり目立つのぼり旗を
作ることができます。

屋外で立てておくのぼり旗は、設置場所も自由に
決めることができますし、高さもあるので遠くからでも
目につきます。

そのような存在感が高い宣伝効果を生み出すことになります。

特に飲食店のように、お昼時や夜など多くの通行人の
目に留まるようなデザインにすることで、
食事をする場所を探している人に
アピールすることができます。

屋外で

それが美味しそうな料理の写真であれば、
なおさら宣伝効果を高めることになるわけです。

また、のぼり旗の制作はネット印刷などを利用することで
手軽に、かつ安価に行うことが可能です。

インクジェットによるプリントは太陽の紫外線を
受けることで、徐々に色あせていきます。

そのために定期的に交換する必要があります。
飲食店ならば季節ごとにお勧めの料理を変えることで、
常に宣伝効果を高く維持することが可能となります。

あるいはキャンペーンなどを展開するお店などで
活用することによって、そのアピールをすることができます。

宣伝効果が高いことに加えて、制作料金も安めなので
費用対効果が高くなります。

通りから奥まっているような、あまり人が入り込まないような
場所であっても、通り沿いにのぼり旗を立てておくことで
集客することができます。

注意を促すのぼりは端的に危険を表現

注意を促す

住宅地や通学路での交通安全の注意を促す目的や、
工場内などで事故を防ぐために安全標語を掲げると
いったことは、危険を端的に表すことができるものとして、
非常に効果の高いものです。

そうした掲示の方法には様々な手段がありますが、
のぼり旗は設置のしやすさや、コストパフォーマンスの
良さなどから、利便性の高いものとなっています。

のぼり旗に使用する旗は、色やデザインを自由に
レイアウトすることができますし、大きく文字を
入れることで、すぐに目につく、高い視認性を
持たせることも可能です。

コストパフォーマンスが良い

ベースを使用してのぼり旗を自立させることが
できるので、使用する場所も自由に選ぶことが
できますし、ガードレールや柵などに一定の間隔で
連続的に設置することも可能なので、より注意を
喚起することができる表現方法としても
効果の高いものとなっています。

のぼり旗は、旗を取り外して保管することができるため、
保管のスペースも少なく済み、また後日使いまわすことが
できるため、効果対費用の面でも優れています。