どれも同じような素材で作られているように見えるのぼり旗ですが、実はさまざまな材質が生地として使われています。生地の種類によってものぼり旗の使いやすさや見た目は変わってくるので、それぞれの特徴を知ったうえで選択することをおすすめします。

最も多く使われているのが、ポリエステルから作られているのぼり旗です。ポリエステルの特徴は、軽量かつ薄く作れることができる点にあります。

ポリの特徴

旗の部分が重くなってしまうと、外に設置しても風にはためくことがなくなってしまいます。はためくことで注意を引く効果もあるので、道路沿いや街中などに設置するならポリエステルを素材としたものを選ぶとよいでしょう。

一方で薄く作られているという特徴は、印刷が透けやすいというデメリットにもなります。例えば小さい文字を印刷してしまうと、透けることで視認性が悪くなってしまいます。

とはいえフルカラーによってきれいに印刷することができますから、目立たせたいならばポリエステルを選ぶというのは賢い選択です。

ポリエステルには耐久性が低くほつれやすいという欠点もあります。しかし価格的には安いため、定期的に作り直して新しい広告を打ち出していくというのも一つの方法です。

作り直す

もうひとつの種類としては、木綿があります。木綿には風合いがあり、厚手に作られていることから高級感もあります。

お店の中でもここぞという場所に、木綿で作られたものを配置すると効果的です。価格は割高であるものの、長持ちする点も魅力です。