注意を促すのぼりは端的に危険を表現

工夫次第住宅地や通学路での交通安全の注意を
促す目的や、工場内などで事故を防ぐために
安全標語を掲げるといったことは、危険を
端的に表すことができるものとして、非常に
効果の高いものです。売り上げアップ

そうした掲示の方法には様々な手段がありますが、
のぼり旗は設置のしやすさや、コストパフォーマンスの
良さなどから、利便性の高いものとなっています。

のぼり旗に使用する旗は、色やデザインを自由に
レイアウトすることができますし、大きく文字を
入れることで、すぐに目につく、高い視認性を
持たせることも可能です。

ベースを使用してのぼり旗を自立させることが
できるので、使用する場所も自由に選ぶことが
できますし、ガードレールや柵などに一定の間隔で
連続的に設置することも可能なので、より注意を
喚起することができる表現方法としても
効果の高いものとなっています。

のぼり旗は、旗を取り外して保管することができるため、
保管のスペースも少なく済み、また後日使いまわすことが
できるため、効果対費用の面でも優れています。