目立つのぼり旗ほど効果は高い

宣伝効果を生み出す目立つのぼり旗ほど宣伝効果が高いので、そのデザインを
いかに工夫するかがポイントになります。

インクジェットプリントでの印刷であれば、色鮮やかな
カラー写真をプリントできるので、かなり目立つのぼり旗を
作ることができます。

屋外で立てておくのぼり旗は、設置場所も自由に
決めることができますし、高さもあるので遠くからでも
目につきます。

そのような存在感が高い宣伝効果を生み出すことになります。

特に飲食店のように、お昼時や夜など多くの通行人の
目に留まるようなデザインにすることで、
食事をする場所を探している人に
アピールすることができます。視認性を重視する

それが美味しそうな料理の写真であれば、
なおさら宣伝効果を高めることになるわけです。

また、のぼり旗の制作はネット印刷などを利用することで
手軽に、かつ安価に行うことが可能です。

インクジェットによるプリントは太陽の紫外線を
受けることで、徐々に色あせていきます。

そのために定期的に交換する必要があります。
飲食店ならば季節ごとにお勧めの料理を変えることで、
常に宣伝効果を高く維持することが可能となります。

あるいはキャンペーンなどを展開するお店などで
活用することによって、そのアピールをすることができます。

宣伝効果が高いことに加えて、制作料金も安めなので
費用対効果が高くなります。

通りから奥まっているような、あまり人が入り込まないような
場所であっても、通り沿いにのぼり旗を立てておくことで
集客することができます。

注意を促すのぼりは端的に危険を表現

工夫次第住宅地や通学路での交通安全の注意を
促す目的や、工場内などで事故を防ぐために
安全標語を掲げるといったことは、危険を
端的に表すことができるものとして、非常に
効果の高いものです。売り上げアップ

そうした掲示の方法には様々な手段がありますが、
のぼり旗は設置のしやすさや、コストパフォーマンスの
良さなどから、利便性の高いものとなっています。

のぼり旗に使用する旗は、色やデザインを自由に
レイアウトすることができますし、大きく文字を
入れることで、すぐに目につく、高い視認性を
持たせることも可能です。

ベースを使用してのぼり旗を自立させることが
できるので、使用する場所も自由に選ぶことが
できますし、ガードレールや柵などに一定の間隔で
連続的に設置することも可能なので、より注意を
喚起することができる表現方法としても
効果の高いものとなっています。

のぼり旗は、旗を取り外して保管することができるため、
保管のスペースも少なく済み、また後日使いまわすことが
できるため、効果対費用の面でも優れています。

のぼり旗の正しい付け方は?

まず、のぼり旗を付ける時に必ず聞く用語として
チチという言葉を聞きます。優れた利便性

意味はポールを通す輪っかの部分をチチと呼び、
一般的な取付部位として、道路沿いで車からの
視点を意識する場合はチチを左側に、歩行者の
視線を意識する場合はチチを右側につけることが
多いです。カラーを活かす
基本的には風向きや人の流れに配慮してできるだけ
のぼり旗がきちんとお客さんに向くように使い分けて
設置することが非常に効果的です。

そして、最も簡単な付け方としては、まずポールの
先端にあるキャップをひねって外します。

この時、ポール内に横棒が入っているので、取り出します。
キャップを取り付けたポールにのぼりの長辺に
ついているチチを通していきます。

同じように上辺についているチチを横棒に通し、
キャップの穴に差し込みます。
次に横棒の先端フックにのぼりの上辺の一番外側の
チチを引っ掛け、横棒の長さを調節してキャップを
回して固定します。

ポールは二段伸縮になっているので、長さが調節でき、
伸縮部分がのぼりの上から四つ目のチチ上辺りに
くるのが理想的な長さです。